中学校の部活で親子で部長をやりたがる人がいた。自分はやりたくないタイプだからありがたいと思っていたけど内申書でいい点をもらうためだって。
部活の部長をすると内申書で有利になるのか?そういう都市伝説もあるけど実際は部長をしたってことすら書いてもらえない場合もある。
公立でも都道府県によって違うし、私立だったら重要視するところもあるって。内申書って本人には見せないから分からないよね。
これがあるばっかりに先生に逆らえないって負のイメージしかなかったけど。
入学試験でいい点を取れば基本的には大丈夫なんだけど内申書で授業態度が悪いって評価だとまずいよね。
普段の授業態度や提出物をきちんと出すとか、そういうことも大切だって子供に教えておかないといけない。
内申書のために部長をするってのも嫌らしいけど、部長になってみんなをまとめる役ってのはやっぱり大変だよね。
意欲的だって思われるのは当然でしょう。
体育系でいつもいい成績を残しているのなら推薦されるのも分かるけど、特に目立った成績でもなく特技があるわけでもなく学校推薦をもらえるのは何で?
基準が分からないけどボランティア活動も加点されてるらしい。ボランティア活動って採点されていたんだね。

部長は書くけど副部長は評価されない

部長は書く欄があるけど副部長はないって聞いたことがある。本当かどうかは分からないけど。
実は副部長の方がよく働いていたってこともあるのにね。
そういうことは面接で自分でアピールするしかないのかも。
部活の部長だけでなく生徒会長や生徒会の役も評価される学校があります。
だからといってそういう目的で生徒会に立候補するのもどうかと思うけど。
人気がないと選挙で落ちるからそんな自己中心的な発想だけでは無理でしょう。
内申点は学校によって違うので生徒会長になったら有利とは限りません。
ボランティア精神があったらそんなことは考えないでしょう。
子供のがんばりってどのように評価されているのか知りたいけど点数でハッキリ分かるものでもないと思う。
人知れずがんばっていても評価はされないわけで。普段から積極的にアピールできるかどうかが問題。

一般入試で合格を目指す

正体不明の内申書についてあれこれ考えるよりも一般入試で合格すれば誰にも文句は言われない。
下手に推薦もらったのがバレて、なんであの子が?なんて陰口たたかれるよりよっぽどマシだと思う。
部活って本来自分が好きなことを精一杯すればいいんじゃないの?
部活だけが全てじゃないけどね。途中で退部したからって内申書を気にすることもないよ。
ちょっとやってみたけど自分には合わなかったってことを無理してするのも時間がもったいないだけ。
あれっ?自分の考えとは違うって思うことをもっと大切にしないとただ流されるだけの人生になってしまう。
テレビで言われてることを鵜呑みにしないで常に疑ってかかるといい。
物事をよく考える訓練になる。そもそも何でニュースとして取り上げられるのか?ってことから疑問に思わないと。
ただ情報を受け取っているだけだと本当のバカになってしまう。
先生にゴマをすったところで将来何の役にも立たないのだ。

高校受験に失敗なんてない

学校の先生は偏差値だけで高校受験を決めると思っていたけど、学校だけじゃなくて塾でも志望校を自由に決められないと言われた。
高校受験に失敗したら塾の評判が悪くなるから受験させてもらえないんだって。
塾にそんな権限あったっけ?学校は内申書があるから仕方ないかもしれないけど、それだって自分の希望は最後まで貫き通すものでしょう。
そんな塾はさっさと辞めてしまえばいい。大きな挑戦をして不合格だったとしてもそれは自己責任ではないか?
最初からレベルの低い高校を受験して何になるんだろう。一生後悔するかもしれないよ。
中学生でそこまで将来のことを考えられないのは当然のこと。まだまだ先になってから将来の仕事は決めたらいい。
まだどんな職業があるかも知らないのに簡単に決められないよね。中高一貫教育がいいのか悪いのかってことじゃない。
受験するならするで自分の目標に向かって堂々と宣言できなきゃ最初から負けてるということだ。
通知表の成績なんて卒業してしまえばどうってことないよ。