子育てに正解はないし自信もない。だからついネット情報に翻弄されてしまうけど
これが一番怪しかったりするんだな。褒めたいけど褒めるようなこと何もしてないよね。何もしなくてもかわいがる、認めるっていうけどなかなか難しい。結果を出したから褒めるってのはよくあることだ。
振り返ってみれば自分に対しても厳しい考え方であるから感謝の念をもたないことにイライラしたりもする。
過去にさかのぼって怒っても仕方のないことだというのは分かっているけど頭の中から追い出すことができずにずっと苦しんでいるのだ。いや、要するにヒマなのだ。一日中ボーっとしてとくにするべきこともなければ確実にボケる。脳が退化していくのがわかるようだ。そうではなくて目標をもって一日一日をしっかり生きていればきっととっくの昔に忘れていることなのに。自分自身の問題として受け止めるにはあまりにも重過ぎて責任転嫁しているだけなのだ。人に優しくできるほど強くない。弱くて自分がくじけそうになっているときにはムリ。
心の整理をしてそれから話てみよう。そうでなければ泣き叫んでそれでおしまいだ。そこまで深刻な話でもないし要するに自己解決できる範囲なのになぜか大げさに考えてしまう。ストレスもある程度必要だしたまには時間的拘束があっても自由を確認することができたと感謝することができる。今日もお昼御飯を作ってくれてありがとう。
いつも御飯を作ってくれてありがとうって言われてみたいよね。自分では言わないけど。他人には何かしてもらいたくて自己中心的だとしても素直に認めよう。たったひとつやりとげれることができればそれで自信になる。
夢につながる。やりたいことに近づける。外の世界に目を向けてもっと生きることに貪欲になろう。
これでいいやとあきらめてもう何年になるのか。そんな生活にも飽きてきたに違いない。14年の月日はあまりにも長くその間に自己喪失していたのいうのは残念なことかもしれないけど、そのおかげで偉業を残せたともいえる。
深く考えるためには環境も必要だから。この本の山をなんとかして新しいものを迎えよう。いらない感情も捨てる。
幼稚園からの思いでもも今更見ることはないだろう。小学生になって中学生になって時間だけが過ぎていった。
子供は成長しているのに親は衰える一方で何かしら喜びが少なくなっていくような気がしてならない。
ああ、覚えていてくれたんだ。てっきり忘れられたと思っていたけど。これから1週間でやりなおせるのかどうか。
自己啓発にはまって高額教材を買ってしまったけど何の変化もなかった。もうやめにしなければ。
ただお金を使ってストレス解消にしてもお金持ちにはなれないわけで。英語の勉強もしたいなあと漠然と考えていたけどどうやら映画を見ておわりらしい。もっと大切なものがあったはずなのに。いらないものばかり買い集めて結局それを処分するのにまたお金を使うのだ。もう通販サイトは見ないぞ。そのためにパソコンを買ったわけじゃない。
毎日通販ばかり見てそれで少しくらい気分がよくなったような感じはする。ただのネットサーフィンの方がましだ。歴史に興味をもち個人ブログでとても有意義なものを発見し驚いた。人はやはり情報発信したいものなのだ。そうすれば自然と仲間も増えるし楽しく生きていける。
小説家という人生にもまた憧れる。文章で食べていけるというのは並大抵の才能ではないはずだ。こまでして必死に目指していたわけでもないのに素敵な文章が書けてしまうのだからすごい。ただ一人で孤独だと恐れおののくよりも接客業でもしたらどうなんだい?パートでもアルバイトでもくさるほどある。
また人手不足じゃないのかね。ブラック企業というイメージの多い外食産業だけどシフトで働くのには便利だ。ちょっとだけ短気アルバイトをやってみたくもあるけど短気の仕事がなかなかない。地味にパートを続けるか。今更奴隷のように働かされるのはまっぴらごめんなんですけど。とても失礼な人で社会適応能力に欠けている。そんなのが近くにいれば楽しく過ごせるわけがない。