iranai
娘が通う小学校では、家庭教育学級というPTA活動がある。近隣の小学校でもあるけどPTAの○○部といったような活動とはちょっと違っていて小学校によってかなり違っていた。

参加自由か強制参加か?

もともとは自由参加だったけど、あまりにも人数が少なくなったので強制的に家庭教育学級に入らされるという小学校が多くなった。
新1年生の保護者全員は、自動的に家庭教育学級生ということになっているらしい。実際は役員の人が活動するので、ほとんどの人は自分が家庭教育学級生であるという自覚すらない。

家庭教育学級 学級長の仕事

その他の役員と同様、家庭教育学級の学級長はくじ引きで決められていた。
まさかの大当たりくじを引いてしまい、貴重な一年間を棒に振ることになってしまった。

研修部は楽だ
保健体育部はプール監視が大変
事業部はバザーが大変

といった情報が飛び交う中、家庭教育学級については聞いたこともなく、知っている人も周りにはいなかった。
情報収集不足とはいえ、実際やってみたらこんなに大変な仕事はないなと思った。

家庭教育学級長は人前に出る仕事が多い

開校式だの閉校式だの必要ないだろうという形式的なものがあって、人前で挨拶しないといけないのが何よりも苦痛だった。
面倒くさい。たいした内容でもないのに大げさな・・・ってもう最初からやる気もないし。
家庭教育学級なんて必要ないという人が多いのに廃止にはできないらしい。
県の教育委員会がやってるからとかで小学校のPTAという組織の中で止めますという決定ができないのだ。
そんなバカな?
みんなやりたくないって、役員はくじ引きで当たった人ばかり。
仕方なく集まることは集まるけど、もう去年と全部一緒でいいよねって話す気にもなれない。
年に8回するってことだから、これまたくじ引きで8班に分けて、班長もくじ引きで決めて
各班で何かやってくださいってことになった。
そもそも何をやっていいのか分からないし、自由だって言われると、じゃあやらなきゃいいのにって意見がほとんどだった。
外部から講師を呼べば、受講者もそれなりの人数を集めないと講師の方に失礼だよねということで家庭教育学級の中からまたくじ引きで参加者を決めた。
そこまでしないと人が集まらないのにする必要あるの?って思いながら。

外部への講習会参加も必須で、平日の午前中から公民館で話を聞くだけのために仕事を休まなければならない。
講演会だかなんだか興味もないもののために強制参加させられて不愉快極まりないものだった。
講師の方はやけにテンションが高くて怪しい自己啓発系じゃないかと疑った。
子育てカウンセリングだなんてうさんくさい。それでお金もとるっていうから、こんなんでいいのだろうかと疑問に感じた。

親子で楽しめる工作教室なんていいんじゃないかということでやってみた。
小学生を対象とすると低学年はカッターを持たせると危険なのではさみだけ。これがつまらなかったらしい。
小学生だけじゃなくて幼稚園生を連れてくる親御さんもいた。そんなことまで想定してなかったな。
おりがみ教室にしておけばよかったよ。反省会とかいってクレーム言われるのも真摯に受け止められるほど大人じゃない。
文句言うならあんたが家庭教育学級長やってよって話だ。

ネット社会についての講演会もあった。今更だな。子供たちにはついていけないレベル。公民館とも連携して子供のため地域のために役立つってのが建前だけど。
実際は時間のムダとしか言いようのない企画ばかりで誰もやる気がなかった。そりゃそうだ。強制です、強制ですっていうこの小学校のPTAそのものがやっかいだ。
できる範囲でお願いしますって姿勢が全くない。常に上から目線で強制ですって、あんた、何様?

家庭教育学級の主みたいのがいる小学校もあって驚いた。子供が何人いるのか知らないけど、もう10年くらいは家庭教育学級をやってる人がいた。
さすがにそれくらいキャリアがあると講師の先生とのコネもあって手芸教室や料理教室みたいのも企画して、それなりに人も集まるという話。
そんな人がうちの小学校にもいてくれたらね。消防関係や警察関係の人を呼んでの講演会みたいなのもあるらしい。要するに何でもいいということなんだけど初心者にはさっぱり分からない。
昔、昔、みんなが専業主婦だったころならそれなりに意義のある活動だったんだろうね。もうそんな時代じゃないんだから、何か趣味でも始めたい人がいたら個人でカルチャースクールにでも行ってくれ。