本を一冊読むのに3週間以上かかるなんて・・・
知らない単語が多すぎて参った。
いちいちネットで検索しないと意味が分からない。
アメリカの州とか地名とかチンプンカンプンだし。
地図で場所を確認しながらついネットサーフィンになって
そんなことだから肝心の読書がすすまないのだ。
図書館に行くと時々絶対読まないと思う本まで借りてしまう。
ふと目にはいっただけなのだ。
休もうと思えば休めるくせにってつい愚痴のひとつも
いいたいところだけど、そこはぐっと我慢する。
自分の感情を押し殺すだけで居心地が悪い。
ここは私の居場所じゃないと思ってしまう。
大げさな・・・
気持ちを分かって欲しいと思うことすら無駄だと
あきらめモードではあるけれでも、そこで読書に
没頭したいという欲求が出てくることになるのかも。
自己実現ができていなにのが原因で常に不機嫌だ。
ご機嫌をとってほしいと思うのが面倒になってきた。
自由になる時間が多いのが他人からみたら羨ましいのだろう。
ついついいろんな用事を頼まれてしまうのだが
適度に断るくらいがちょうどいいのだ。
いえ、私にだって都合というものがありますから。
そうでなければおたくの奴隷じゃありませんからと
ついきつい一言を投げかけたくもなる。
一方的に何かを押し付けられているような感覚があるけど
それははたして正しいのか?被害者妄想なのか?
新しい家族というのは他人の始まりで
いつまでたっても子供は子供なのかもしれない。
理性では理解しているつもりでも感情がものを言う。
わがまま気ままに生きてる人の犠牲になるのは
まっぴらごめんですから。
搾取されるのも大嫌い。
寄付できないのはケチなのか?
自分が自立していなくてはボランティアなんて夢のまた夢。
仕事としてお金をもらってもやりたくないことを
タダでしろといよりも手弁当で自腹きってするのが当然
という態度が気に入らない。
が、要するに態度を求めても仕方ないわけだし
実害があるわけでもない。無害。無益。無関心。
まあ人に感謝されるのも悪くはない。
自己中心的だからしょうがないのかも。
ここしばらくテレビを見る時間もなかった。
いつもくだらない時間を過ごしていて人生の損失だった。
いいかげんにしてほしいものだ。
小説を読んでもどっぷりはまる前にたたき起こされる。
その世界感を味わうことができないまま細切れな時間に
ただ読み勧めていくだけだった。
そうかといってまとまった時間を待っていたら
一生読めないに違いない。
ゴミ出しをおこたっていたからそのツケが回ってきたわけだ。
いらないものはさっさと捨てるに限る。
雑草はこまめに抜いていたけど放置していたら
また生えてきそうだ。フィンランドの教育に憧れながら
これからの子供たちはこれでいいのかと心配になる。
もうすぐ受験だけど私立だからといって何がいいのか?
人間関係の訓練だと思えばむしろ公立の方がおもしろいかも。
他人の読書ブログを見てまた時間が過ぎてしまった。
人の感想もおもしろいのだけど意味が分からないことも多い。
そして見るからにやつれた容貌を残念に思った。
苦労がにじみ出ている。生活に疲れている。
きっと楽しいことなんかひとつもないのだろう。
家庭崩壊しているのに表面だけとりつくろってもう何年になるのか?
それはまったくもって人生の無駄遣いというものだ。
分かれても別に困らない。
むしろ経済的には豊かになるんじゃないか?
覚悟がないだけなのかもしれない。
今が幸せだと思いたいだけで、実際はそうでもなかったりする。
リスクをとることになるというのがそもそも間違いで
今がいちばん人生でばかばかしい次期なのかもしれない。
そんなことはさっさと終わらせればいい。終わってしまえ。