子供に厳しくしてしまうのは、自分が満たされていないからかも。
仕事で疲れて感情のぶつかり合いに押しつぶされそうだった。
ビジネスに感情を持ち込むなんてと人を責めても仕方がない。
自分の成長の糧になるのか。子供も成長している。自分が変わらないままかも。
親が全て正しいというわけではない。子供の方が正しいことが多い。
カチンとくるような言い方。もう反抗期なのかもしれない。
こっちもすぐに怒って応戦するのが良くないんだろうなあ。
鉄の女みたいに強くなる必要もないと思うけど。優しいママが理想。
たまには一緒にマンガを読んだりテレビを見るのもいいじゃないか。
いつも怒ってばかりなんて誰だって嫌になるよね。
楽しいまんがを見て笑って過ごすのは健康にもいいんだよ。
別にいいじゃないか。気にしない、気にしない。爆笑。
笑えるマンガを読みたいな。怖くて悲惨な物語ばかり。
小説を読むのもいいけど映画を観るのもいいけどしょせん暇つぶし。
他人の身になりすぎて自分がどうでもよくなっていた。
バカにされてもなめられても怒るようなことではなくて
自分に自信があればどうでもいいこと。思いやりがある子供に育てたい。
そのためには自分もそうでなければならない。
そうすべきって追い詰めるのはやめよう。すごく楽になってくる。
考え方を変えただけで楽に楽しく生きていける。
すぐに怒らなくなってくるんだよ。器の大きい人間を目指している。
子供をコントロールすることは出来ないし、そんなことは考えてもいない。
ポジティブな気分をもって家族に接していくことが幸せなのかも。
客観的にみればそれほど大したことではなかったって気がつくよ。
嬉しかったこと、やさしかったこと、感謝の気持ちを子供にも伝えよう。
ほめてほめてほめまくれば誰だっていい気分になる。
心を落ち着かせて趣味に没頭し集中できる時間をつくる。
いつもグチグチ考えるクセをやめる。
笑顔をこころがける。瞑想もいいかもしれない。
ヨガもちょっとだけやってもた。無料動画を見ながらね。
DVDも持ってるけど寝る前にちょっとストレッチしてみるだけ。
心の奥底にある悩みというかどうしようもない無力感を引き出されて
一日中へこんでいた。もっと寛大でもいいじゃないか。
リラックスできることが幸せにつながるよ。