図書館に行って本を7冊返却した。いつもならまた何か借りてくるところだけど、珍しく何も借りなかった。
家にあるまだ読んでいない本から読もう。休憩室でお弁当を食べながら、そういえばここで食事するのは初めてだと思った。
もう一人もずっと休憩中で図書館にきてなんでここにずっといるんだろうと余計なお世話だ。
いつもと違う行動をしようと来たのに結局普段どおりだ。何も変わらない。いつもと同じ行動パターン。
この世界から抜け出す工夫がもはや考え付かないくらい平穏な日々。安定、そして退屈。
人生を変えようというほど今が悪いわけじゃないし。それなのに不平不満と愚痴とイライラが心にささったままだ。
過去に執着して足をひっぱられ前にすすまない。図書館に通うのもただの言い訳で単にヒマだからなのだが
本屋に行って立ち読みするよりもなぜか居心地がいい。というか自分を正当化できるのだ。
気持ちがあせっているだけで実際は何も出来ていないということが何よりも気がかりで。
遊びながらも楽しめない自分がいる。一生懸命打ち込めるものがないと退屈なのだ。
おいしいものを食べてもストレス解消にならないし映画を見ても感情移入できない。どこかで冷めた自分がいる。
こんなことをしている場合じゃないんだよと。だからといって仕事そのものにやりがいを感じていたのかと
よくよく考えてみても答えは出ない。そういうときもあったし単に利用されて騙されていたのかもしれない。
いい様に使われたと思うとしゃくだから無理やりやりがいがあったと意味付けしている。
そして、これまで読んだ本もなるほどと思いながら全く実行できていないことに後悔するのだった。
読む時間が無駄だったとしか言いようがない。最近またDVDのセールがあって、そればかりが気になるのだが
はたして本当に必要なのか?1回見るだけならレンタルで十分。女優・俳優のファンというほどでもないし
以前コレクションしていたものを処分するときに誓ったはずではないのか?押入れのこやしにしかならなかったのに。
もったいなくて使えなくてカビが生えて捨てるというもう残念な結果でしかなかったのだ。
それなのに性懲りもなくホームシアター計画を進めている。今のテレビは小さすぎる。
内装からやり直して作りつけのスピーカーが欲しいものだ。何といっても手作りスピーカーがあるのだから。
自己啓発にハマッて投資した金額ははかりしれない。いや、ドブに捨てたようなものだ。何ひとつ身についていない。
本当に必要なものしか買わないようにしないと。バーゲンセールに弱いからなあ。ネット通販は危険すぎる。
あっという間に本棚から本があふれ出し、もう買わない、図書館で借りようと決めたのに本以外のものを買ってどうする?
コピー用紙を置く場所もなくプリンターの台も捨てたいのに捨てられない。粗大ゴミが多すぎる。
ファッション中毒がまだ途中までだった。しおりを挟んだまま他の本に浮気してそのまま忘れ去られている。
美容関係の本ももう読まないだろうな。いつの間にか興味がなくなった。美術はどうだ?何年も見ないけど捨てられない。
タダで見れる動画も多いしいらないと思いながら捨てられない。何が本当に必要なんだろう?
リュックに全てのものを詰め込んで世界を放浪している本があった。そういう生き方がいいのかもしれない。
部屋には何もない。部屋すらいらない。毎日買い物に行く必要もない。何もいらない。