添加物が危険だという理由から栄養学に興味を持って
情報収集すればするほど不安になるだけで何を食べていいのか分からなくなってしまう。
国家陰謀説まで出てきてもう何を信用していいのやら?
安心して食べられるものは結局自分が作ったものだけ。
それも野菜から畑で作っていくくらい徹底して。

pへー

とにかく肉を食べちゃダメ!
動物性たんぱく質なんてガンの元だから。
徹底した菜食主義が本当にいいの?

k普通

小麦が悪いって説も有力だよ。
グルテンフリーだとパンも食べられない。

p普通

大豆が危険って言われると
納豆もダメってことだよね。
国内産の大豆なんてほとんどないのに。

k不満

牛乳や乳製品もアレルギーの原因だったり。
もう何を食べていいのか分からない。


 
せめて自分で食べるものくらい自分で作らなきゃって
野菜も栽培してみたけど
野菜の種からして怪しすぎるともうどうしようもない。
農薬を使わなければ虫だらけで食べるところがないくらい。
薬を使うのは怖いしどうしたらいいの?

牛乳がカルシウム豊富ってのも都市伝説。
カルシウムだけとってもマグネシウムが足りないと
骨からカルシウムが溶け出していくという。
学校給食で出るから安全なんてとんでもない。
牛乳とパンだけなんてとんでもない食事だったんだ。
日本人には絶対に合わないよ。

子供に母乳をあげるのも不安がつきまとう。
母親の体内に溜まった毒素が血液にも当然あるわけで
その血液からできる母乳にもまた毒素が含まれている。
だからといって粉ミルクを与えるのもよくない。
だったら何をあげればいいの?
牛のミルクは牛の赤ちゃんのための栄養素がいっぱい。
人間にはもともと合わない。

ほぼ強制的に牛乳を飲まされているし、それがいいことだと
洗脳されてしまっている。
子供に牛乳をあげるなんて良くないことなのに。
普段食べている食べ物がほとんど危険であるという事実に気がつかない。
体に悪い食べ物ばかり売っている。
喜んで食べている様子が怖い。
カップラーメンにコーラなんて自殺行為だ。