子供のアトピーがひどくなって皮膚科へ行ってきた。
アレルギーの専門ということで期待したけど
ほかの皮膚科とたいして変わらない。
ステロイド軟こうをたっぷり処方されただけ。
保険適用外のアトピー専門皮膚科にも行った。
治療する施設があったけどあまりの値段の高さにあきらめた。
アトピー治療はものすごくいい商売だ。
いや、治療なんてしていない。する気はさらさらない。
もうこれ以上は無理ということで友達から聞いた
鍼治療を受けることにした。

もともと薬嫌いだった私は東洋医学の方が合っていた。
一人ひとり30分以上時間をかけて診察してくれる。
それだけでもありがたかった。
皮膚を見るなり
わーひどいですね!
ってこちらが落ち込むことを連発。
看護師の私を見る目も辛かった。
皮膚病というのは死なないかもしれないけど
確実に精神を蝕む。

精神的なダメージがさらに皮膚を悪くしている。
病は気から。
やり場のない怒りや不満をためすぎた結果
表面に出てきてしまったのだろう。
自分の気持ちを押し殺して隠して
他人にいい顔をしているうちにどうでもよくなった。

もっと自分に正直に生きたい。
子供のように欲望をストレートに表現するのだ。
そうすれば、必ず実現する。
またオカルトにはまったよと家族にはバカにされるけど。
潜在意識はオカルトじゃないよ。
医者より栄養学を学んだ人の方がよっぽど病気を治せる。

こうしていると眠気に襲われるのに
寝ようと思って布団に入っても、なかなか寝付けない。
アトピーは睡眠不足も大敵だ。
なんといっても栄養が重要。
つまり、食べ物。日々の食事。
食品添加物ばかりの加工品を毎日食べていたらこうなった。
いつも買い物をする時、ちゃんと表示を確かめているけど
怪しい物質の表記ばかり。
もう食べられるものがないんじゃない?