家が汚くても幸せならそれでいいじゃないか?開かずの間があって、そこに何でも押し込んでいるらしいが恐ろしくて見る気もしない。本日は掃除機をかけるために子供のおもちゃを片付けた。
プラモデルの部品が床に転がったままだと掃除機で吸い込んでしまい大変なことになるからね。床に物を置いても平気なのはどうかと思うけど、そんな環境で育ったら汚い部屋が普通だという感覚
になってしまうのだろう。本棚の整理をしようとして幼稚園の頃読んだ絵本を出したはいいが、そのまま床に積んである。いいかげん本棚に戻すかいらないなら処分してほしいものだ。
本を捨てることに罪悪感を感じてどうしてもできないというのなら古本屋に売ればいい。たいした金額ではないが、それでも捨てるよりはマシだと自分が納得できるから。
できれば図書館に寄付したいと思っているのですが、図書館に行くたびに今度聞いてみようと思って忘れているのです。帰ってから思い出して、あーまた今日も忘れた、どうしようという感じ。

漫画はもう絶対に買わないぞと決めたのに進撃の巨人は予約してあるし、DVDも増える一方だ。レンタルして済むじゃないかという話だけど、どうしても特典に惑わされてついポチっと手が動く。
DVDを見る余裕なんてない毎日なのにどうしたらいいのでしょう。やっと掃除機をかけたけど、別の部屋には洗濯物が散らかっているので、これを片付けないことには掃除機をかけられない。
そうこうしているうちに夕方になり寒くて動きたくなくなる。しかももう夕飯の支度をする時間なのだ。ああ、お手伝いさんがいたらなぁ、女中さんがいるような家じゃないと趣味に没頭できないよ。
時間がない時間がないと常日ごろから考えすぎて行動できなくなり、結果フラストレーションが溜まっていく。時間は有効に使わなくちゃね。誰にでも平等にあるはずのものだけど、ゆったりと
して自然に流れていき、気がついたらもうこんな時間とういう有様だ。少しでも家をきれいにして友達を呼んでお家カフェをしたい。そんなささやかな夢を実現させるためにも、まずは
整理整頓とお掃除から始めなければならない。以前は友達を呼んで遊んでいたではないか。顔を隠して暮らさなければならないような状況に陥り、外に出ないことでストレスが溜まっていった。
せめて家の中で幸せな気分を味わいたいのです。テレビはほとんど見ない生活をしています。家の雰囲気を変えようと、もうすっかり古くなり止ったままの壁時計を処分して代わりに絵をかけてみました。

以前、立てかけていただけの絵ですがかなり色あせています。それでも好きな絵ですから、いつも見れるところに飾っておくだけでも幸せな気分になりました。
時計と湿度計と温度計が一緒になったオブジェがいくつかありますが、それぞれ違う数値を指していて、いったいどれが一番正確なのかさっぱり分からないのです。
全く狂っているわけでもなく、誤差の範囲でしょうがどれを信じていいのか迷うところです。幼稚園の絵本はもういらないかもしれないけど、やっぱり捨てきれないのでとりあえずダンボールに入れて
保管することにしました。

この前物置に行ってみたらオムツがあって、さすがにこれは取っておいてももう使うこともないだろうと自分であきれてしまいました。この家には私が気に入らないものが多すぎる。
もうとっとと捨ててしまえと毎日ゴミ袋に何かしら入れて燃えるゴミの日には必ずゴミ袋を3袋は出しているというのに、なぜこんなにも片付かないのでしょうか。買い物のしすぎで、物が増える
スピードに追いつかないのかもしれません。散らかし放題の人3人に対して片付ける人は私一人ですからどうしても限度というものがあります。また、片付けても片付けても散らかされる一方で
全く無意味な作業になっていくのかと思うともうやりたくないのです。中途半端に物の整理整頓ができないことがこんなにも人を不愉快にするのかとあらためて驚くばかりです。

病院に行くだけでも時間がかかり疲れるものです。健康を維持することが幸せの第一歩ですね。人とのお付き合いもイヤイヤするくりなら思い切って会わないことにするのもいいでしょう。
最初は良かったけどだんだん疲れてくる関係って友達でもありますから。なんで自分ばかりって被害者妄想に陥る前に付き合い方をかえていくのです。人間不信になってからでは遅いですから。
自分ができなくて我慢していることをいとも簡単にやってのける人がいるとたまらなくなります。羨ましいのです。嫉妬しているのです。そして腹が立ちます。その人が悪いわけでもないのに
ひねくれた考え方でひがみ根性いっぱいになってしまいました。もっとまっすぐ素直に育ちたかった。そのほうが自分が楽で幸せになれますからね。いつまでもうだうだしてるだけで
前進できないまま1年が過ぎてしまいました。もう人のことなんてどうでもいいんです。自分が信じた道を自分の直感に従って進んでいくだけです。それで今迄運よくやってこれたじゃないか。

玄関に不吉なものを置いたままにしているのが非常に気になります。どうみても運の悪い人にゆかりのあるものですから早めに処分した方がいいのは分かっているのですが
今迄遠慮していたのです。さすがに10年も経ったのだから模様替えしても不思議じゃないでしょう。自分の好みのものに囲まれて暮らしたいものです。それが幸せです。
ちょっとでも気に入らないものを無理して取っておく必要もないし義理もありません。おいしいとこばかりもっていきやがってとふてくされる前に自分から切り捨てていくのです。