片付け
片付け

子育をしたことで、自分は完璧主義っぽいことに気付きました。
私の母が本物の完璧主義だとしたら私はまだまだですが、友達と話していて消毒しすぎじゃないかと感じたり、手作りに固執してるんじゃないかと思ったのです。
どうも、一般的レベルからするとやりすぎる兆候があるようです。

旦那は片づけができない家で育ったせいか汚部屋が普通だと思っているみたい。
家事に手を抜けないと精神的に追い詰められることを考えれば多少ルーズな方が妻としては楽なのかもしれません。
そんな風に考えようとした時もありましたが、あまりにも無頓着で家事に対するやりがいが全くなくなってしまいました。

片付けられないのは心の病気じゃないかと思ってネットで検索していたら「強迫性溜め込み症候群」かもしれないと不安になりました。
一時的とはいえ、芸能人のファンになると雑誌とDVDを揃えなければならないような強迫観念に取り付かれ、映画も必ず見ていました。
ファンサイトのチェックも毎日欠かさず、膨大なエネルギーを費やしたものです。

でも、ファンになって3年くらいしてちょうど飽きてきたころ結婚してしまい、それを機会に一気に熱が冷めました。
オークションで手に入れたかなりレアなものも二束三文で売りました。物を処分するときの心理状態を思い返すと、完全にふっきれてないと辛いでしょうね。
コミックも大量にありましたが全部古本屋へ売ったので、そんなに重症な心の病ではないと自覚したのです。

一方、子供の絵本はどんなにボロボロでも処分できなくて本棚に並べたままです。
ボロボロですから売れないので捨てるしかないのですが、捨てることに対してはものすごく罪悪感を持ってしまうのです。
安くてもリサイクルショップに引き取ってもらえば、心が楽になります。何か得体の知れないものに執着してるんだろうなと自分でも気味が悪い感覚です。

幼稚園の頃の絵本ですから小学生高学年になった子供に必要なものではありません。
気に入った本だけ取っておこうと思い切って絵本を全部出してみましたが床に積み上げたまま何日もほったらかし。
そんな状態にますますストレスが溜まっていくのです。この床に本が置いてあるとストレスになるという感覚が家族の中で私だけというのが問題です。
旦那も子供たちも平気ですから、結局片付けるのは私一人でますます嫌になってきます。

断捨離は専業主婦のストレス発散方法にもなるなと考え直してゴミを出すとスッキリしますが片付いた様子がありません。
もともと押し入れの中に押し込めてあった物や一応収納していたものを捨てるだけなので見かけはあまり変らないのです。
旦那が机の上におきっぱなしにしていたペットボトルを捨てるだけでもだいぶ片付くのですが、子供の机は片付けても片付けても
すぐに散らかってしまい、堂々巡りに嫌気がさし、もうやる気がなくなってしまいました。

やりたくないことを先延ばしにしているますます気分が落ち込んで、家にいるのがストレスになってきました。こんな汚い部屋はもう見たくない。
だったら自分で綺麗にするしかないのですが、キレイになったと思った頃には旦那と子供が帰ってきてあっという間に散らかります。
全くやりがいがありません。主婦の仕事ってこういうものなんですね。あまり深く考えると鬱になりそうです。

結局、掃除も完璧にしたいという考えが自分の首を絞めるので50%できればいいやと思うことにしました。時間も短縮して朝から晩まで1日中掃除をすることを止めました。
友達に話したら、「そんなの当たり前じゃん」とあきれた様子。独身時代、平日は仕事三昧、休日に一日かけて大掃除というライフワークでしたからそれを引きずっていたようです。
掃除は毎日少しずつでいい。完璧を求めちゃいけない。すぐ汚れるのを前提にある程度きれいになればいいやくらいでやっていきます。