私が買い物依存症だと気付いたのは、ネット通販で買い物したことを忘れてしまうようになってきた頃だ。
毎月、楽天のお買い物マラソンに参加し、ポイントが貯まるのを楽しみにしていた。
ポイントを得るために買い物をするようになった。
とにかく10店舗以上で買い物するんだ!
ポイント10倍!
さらに、ここぞとばかり、セールのメールが届く。

これはもう買い物ではない。
ただのゲームだ。
いかにして最安値の店を発見するかが重要課題。
タイムセールのチェックも欠かさない。

本当に必要なものを買うという意識がなくなった。
だから、ご購入ボタンをクリックするまでが勝負。
一時のストレス解消。

品物が家に届く頃には
「こんなモノいつ買ったっけ?」
という有様だ。

何か欲しいものを無理やり探し出し、安く買うのが快感。
バカバカしい。
家はダンボールであふれかえり
ダンボールを出すゴミの日には出さねばと思いつつ
毎週スルーしていた。
来週でいいや、別に生ゴミじゃないし。

さすがに燃えるゴミを溜めたことはないけど
ダンボールとかプラスチックゴミは
来週でもいいや、と安易に考えてしまう。
雨なのをいいことに、今日はいいや、次でいいやと後回し。

一事が万事。
すべて後手後手。
仕事も家事も後回し。
自分の時間も後塵を拝す。
毎日がつまらない。
ダラダラして過ごす日が多くなる。

買い物依存症といっても高額な物を買うわけじゃないから
別にお金に困らない。
実害がないようで、本当はものすごく病んでいる。

買い物をする度に後悔しながら、自分の心にフタをして
見て見ないフリをし続ける。
イヤなことは見ないことにしよう。
現実逃避が始まった。

見たくないモノは押入れに押し込め。
空き部屋につっこめ。
表面上だけ整理整頓。
いらないモノが溜まりに溜まっていくのに気がつかないフリ。

完全に精神がやられているな。
忙しすぎるのか?心の余裕がないのか。
部屋をキレイにすることに意味がないように思えてくる。
他人との共同生活において、なぜ私だけが整理整頓、掃除担当なのか?
怒りすら沸いてくる。
他人とは元夫のことだ。

散らかすだけで汚すだけで邪魔な存在。
敵意と悪意を隠しながら共同生活することに疲れた。
家庭内別居なんて意味がない。
本当に別居しなければ私に未来はない。

何かにつけて
「自分が正しい、お前が間違っている」
と主張し続けた元夫。
理不尽なことで怒られ続けて思ったことは
「こいつ、私を洗脳しようとしてるな」

どうやら、怒れば自分が勝ったと思い込むらしい。
相手が黙り込めば自分の勝ち、自分が正しいということにしている。
いや、もう反論するだけムダだと諦めているんだけど。
話し合いをしてお互い分かり合おうなんて時期はとっくに過ぎ去った。
今はだた我慢していた時間がバカバカしい。
こんなことならさっさと別れればよかった。

余計な家事が増えるだけで、ちっともいいことないじゃん。
そもそも嫌いだわ、この人。
ほとんどの妻は夫を嫌いになるそうだけど。
好きでも嫌いでもない、どっちでもいいって場合は
無害な人なんだろうね。

これだけ被害にあえば、もう別居しか解決法はないわけで
別れるんならさっぱり離婚という方が精神衛生上好ましい。
結婚生活は、面倒くさいだけだった。
神経症なのはお互い様だとしても依存するのも依存されるのもイヤなら
もう夫婦じゃないよ。
どんなに精神疾患を抱えていても一緒に暮らせる人もいるけどね。
私にはムリ。
多分回避依存症でナルシストで自分以外の人間は嫌いだから。

自分大好き
自分大好き
私のために尽くしてくれる人が大好き

外面がいいのか、世間体を気にしているのか
もはやどうでもよくなってきた。
自分のために片付けよう。
だって、こんな汚部屋じゃ気分が悪いでしょう?
家に帰ってきたくないでしょう。
くつろげないし、癒されない。
仕事の疲れをとるどころか疲れが倍増するわ。
もう君は必要ないんだ。
今までも邪魔だったんだ。
いい機会だから別れよう。

片付けが出来ないなら業者におまかせすれば?
汚部屋でもお金を払えば片付けてくれるよ。プロだから。
自分が出来ないことを他人に頼んで、謝礼としてお金を払う。
いいじゃないか。