ただ単にお昼御飯を作るのが面倒だっただけで、いきなり誘うのも悪いし
待ち合わせも面倒だし、一人でランチバイキングに行ってみた。
一人でただひたすら食べるというのもいいもんだ。
ママ友とおしゃべりしながらのランチは楽しいけど相手の話に相槌をうちながら
なかなか食べるタイミングがつかめないことがあった。
食べ放題だからね、朝食はほとんど食べずに来たんだけど・・・
お腹空いてる、食べ放題なのに好きに食べられないこともあったっけ。
子供と一緒だと、これまた同じものばかり食べないでとか野菜も食べてとか
あーこぼしたとか落ち着いて食べられない。ママ友ランチはバイキングが多かった。
人数が多いとどこのお店に行きたいとかなかなか決まらないので何でも食べられる
バイキングは重宝した。しかも平日のランチは時間制限なしだ。
デザートも食べ放題だから延々としゃべり続けるにはもってこいだった。
ただこうして一人で食べてみると思ったほどおいしくない。
一人で食事するからというよりは本当にたいした料理じゃなかったんだと改めて思った。
ホテルのバイキングに比べれば数段劣るよなと今までになく冷静に味わってしまった。
人と一緒の食事は確かに楽しい。料理よりもおしゃべりがメインだ。
一人でじっくり食べるにはもっと本当においしい店に行きたいなとつくづくおもった。
そうはいっても食べ放題なんだから食べなきゃ損だとばかりに質より量に走る。
よくよく見れば野菜メインの健康志向といえば聞こえはいいけど安そうな食材ばかり。
それでも自分で作らないでこれだけの種類を食べられるとはありがたいことだ。
ママ友は気が合う人とだけランチに行くことにしている。人数は4人まで。
それ以上の大所帯になると車で移動するにも不便だし同じテーブルでも会話が分かれる。
例えば5人だと二人と3人に分かれてしゃべっている。ランチの席もとりにくい。
本当に気の合う人と二人ってのが理想だけどちょっとそこまで深く付き合いたくないなって
牽制している部分もある。そこがママ友の微妙なところ。
一人で行動することがそんなに嫌じゃない方だと思うけどカラオケは一人で行ったことないな。
ママ友とのカラオケは年齢差を感じてもOKな人だけなら許されるよね。
一人ラーメン、焼肉、ディズニーランドもハードル高いか。
ランチは全然大丈夫。映画はむしろ独りで行きたい。友人と一緒だと映画だけでバイバイと
いうわけにもいかず食事しながら映画の感想を言い合ったり。それが良いときもあれば
余計なこと言うなよってお互い思うこともある。独りで映画だけ見てさっさと帰るのもアリだ。
事前に待ち合わせをするのも映画の場合面倒。開始時間決まってるからね。
独りだったらギリギリでもいいし、予告は見なくてもいいし好きな席に座れる。
何人かで一緒に行くと前で見たい人と後ろで見たい人がいてどっちに座るかでもめた。面倒くさい。
平日だったらレディースデイでも結構ゆったりとして見れる。隣に他人が座ることもほぼない。
そんな時間帯しか行かないからさ。それがわざわざ休日の人ごみの中でギュウギュウ詰めになりながら
インフルエンザがうつるんじゃないかとヒヤヒヤしながら見るなんてとんでもないことだ。
焼肉はないけどハンバーグの専門店なら独りで何度も行っている。もともとお一人様が多いような店だし。
独りで焼肉を焼きながら食べるってのは想像できないけどやってみる価値はあるのでは?
たまに無償に肉を食べたくなるからね。お昼に食べ過ぎて夕食に準備をする気分じゃなかったけど
しないわけにはいかない。自分は食べたくないのに夕食作りが苦にならないのは満腹感が
心を満たしているからかもしれない。思いっきり食べたというのは久しぶりで何かふっきれたような気がした。
ある意味自分の欲望に忠実に従ったわけだ。そんな大げさなものじゃないかもしれないけど。
普段の昼ごはんなんてほとんど残飯整理だろう?とういか準備する気にもならない。
お弁当買ってすますなんてまだ贅沢な方だ。おやつでいいやとかパンでいいやとかもう適当。
こんな生活で人生を有意義に過ごすなんて夢のまた夢なのだ。
食べ放題もいい。これはこれで満足だ。原始的欲求を思う存分満たしたではないか。
次回はもう少しセレブを目指そう。独りフランス料理フルコースでもいいじゃない?