子供の乳歯が抜けたら側面が初期虫歯になっていた。慌てて歯医者さんに行ったらまだ削るのはもったいないとのこと。
なんとか再石灰化してほしいと願いながら毎日フッ素を塗っている。歯科でもフッ素を塗ってもらったがこれは家庭用よりも
かなり濃度が濃いらしい。フッ素については副作用もあるという情報があり心配でしたが、飲まないように気をつけて
30分経ったらうがいをするようにしています。これで歯はどこまで復活できるのかしら?すぐに削ってしまう歯医者さんもいますし
何の説明もないまま大丈夫ですよと言われても不安になるだけです。最近はネットショッピングで気軽にフッ素用品を買えるように
なってとても便利です。糸ようじはもう欠かすことの出来ない存在です。毎日よくもまあこんなに歯と歯の間にカスがつまっていると
驚きあきれるばかりです。糸ようじやフロスを使用しないなんでもはや考えられません。そして虫歯になっても発見しにくいことが
一番の問題といえるでしょう。何年も歯医者さんにいっていない方は要注意です。見ただけでは分かりにくいのでレントゲンで
やっと発見されることが多いです。子供の場合はよくシーラントをすすめられますがこれも下手な歯科衛生士にされてしまった
おかげで発見しにくい虫歯となってしまう可能性があります。シーラントの下が虫歯になっていて見た目では全然分かりません。
訴えてやろうかと思うほどでした。なんだか信用できないことが多すぎて悲しくなります。世の中人を騙す人の方が勝ちなのでしょうか。
正直者が馬鹿をみるようなことではいけないと思うのですが。子供の世界でも正義感が強すぎる子がいじめにあったりしています。
自分の意見を堂々と言うと煙たがられるものなのです。保護者の集まりでも調子のいい人が多いなあとしみじみ感じました。
裏表のある人間が多すぎる。そんな中でPTAのおつきあいというものはほどほどにしていきたいのです。どこの世界でも人間関係は
難しいものがあります。ましてや保護者同士は何の接点もない人の集団でこの集団のパワーが個人に向けられたときの恐ろしさは
聞くも涙語るも涙でありました。たかが役員を決めるだけでそこまで泣かなくてもいいのにということもあり、また事前に示し合わせて
一人を推薦してむりやり役を押し付けたりといった話は後を絶ちません。歯科衛生士のママ友もいますがパートで働くにはちょうどいいそうです。
幼稚園のお友達が来ると楽しいと言っていました。ただあんまり知ってる人に口の中を見てもらいたいとは思いませんよね。
歯周病ですなんて言われたら恥ずかしいし。歯医者さんはいっぱいあるけど腕のいいところはなかなか見つかりません。
先生は良くても歯科衛生士さんがちょっとって場合もありますし、歯石を取るのが下手くそなところにはもう二度と行きたくありません。
マナー研修もよいですが、それ以前に人間としてどうなのよって思うことが多々あります。表面だけきれいにして後はもうどうでもいいみたいな。
ああ、私も他人のことは言えませんね。