夫婦二人で働きながら子育てをするって大変でした。
こんなはずじゃなかったーってことも多いです。
だからといって専業主婦としてママと幼児の密室育児も気が滅入るだけ。
大変大変といいながらも旦那は家族写真を持ち歩くようなイクメンです。
今迄興味もなかったけど、育児とフルタイムの仕事の両立は正直きついです。
気がついたらファッションに気を使うこともなくなっていて毎日同じような服ばかり着ています。
これでお仕事の帰りですかってくらいラフな格好。出産したら女性じゃなくて母親になってしまうのか。
家事と育児だけじゃ仕事のような達成感は得られない。自分が成長するためにも仕事をすることを選んだはず。
時短勤務じゃ物足りない。仕事におしゃれに手を抜きたくないって思っていたはずなのに
毎日イライラするのは仕事のストレスでは考えられないくらいスケジュール管理ができていなかった。
自由きままに暮らすってのは堕落していくだけのことにすぎなかった。
誰に監視されるわけでもなく仕事のノルマもないとボケてしまいそう。
脳が萎縮していくのが分かる。これは非常事態だ。仕事仕事仕事。
仕事漬けの毎日だったころが懐かしい。
ブラック企業の方がまだましだったかもしれない。
やりがい搾取だったよなと今振り返ってみれば思うけど本当にやりがいを求めていた。
純粋に働いて、働きすぎてしまった。周りの人がついてこれないくらい。
正社員を辞めてしまえば育児休暇は何だったのか?そういう人もいたけどね。
結婚祝いや出産祝いだけもらっておいてやめますというのはヒンシュクをかって当然だと思う。
それは権利なのか?自慢されても困るわ。
家事には終わりがない。達成感もないし創意工夫できるといってもつまらない面倒くさい方が大きい。
片付けなんて後回しにしていたらもう何年もそのままになっていた。
ゴミはきちんと出しているはずなのにどうしてこんなにいらないものが溜まるのだろう。
事務職でさえもうあきたというのにパートで働くとなったら単純労働しかないわけで。
シフトで誰でもできる仕事といったら近所だったらスーパーのレジくらい。
いやいや、それも最近ではセルフレジが増えたからね。人間の仕事としてはもう終わってる。
資格を取ったら一生安泰というわけではなかったよ。
国家資格だろうと民間資格だろうと仕事を離れてしまえばもうつかいものにならない。
キャリアはもう遠い過去のものだ。その過去にしがみついている自分が格好悪い。
バリバリ働くだけが人生じゃないさ。家庭が一番大事って自分に言い聞かせてみたけど
どうもしっくりこない。主婦でも兼業主婦でもたいして変わらないじゃないか。結局家事はするんだから。
子育ては想像もできないくらい大変で、子供が生まれればめでたしめでたしなんて甘いもんじゃなかった。
心のどこかで結婚出産が人生のゴールだと思っていた。その後の人生は余生。
社会からは退いて自由気ままなご隠居生活。いやいやまだそんな年齢ではありませんよ。
40代50代でおばあちゃんになったとしても若々しく美しく生きて生きたい。それが女性の願い。
自分の願望にフタをして本当の自分を押し殺して私はいったい何のために生きているのだろう。
他人の犠牲になるなんて考えられない。そんないい人じゃないし。
ええ、変わり者ですよ。十分すぎるほど分かってますって。普通じゃない。
成功というものが何なのかさっぱり分からない今日このごろです。
育児費用は夫婦で分担するといってはみたものの家事の費用は誰が払うの?
いつの間にか私の財布から出て行くお金が多くなってるんですけど。
これじゃ詐欺じゃないですか?そんなわけでまた働くことにしたんだけどモチベーションがあがらない。
趣味のピアノも埃をかぶったままで、このままで終わってなるものかとまた毎日弾きだした。
そんなにムキにならなくてもいいのにね。ゲームにもあきてきた頃だしまた振り出しに戻るのもいいかもしれない。
マンネリ化した日常を打破するために行ったことない店に一人で入ることにした。
いきなりおひとり様ランチは敷居が高いのでとりあえずカフェでカプチーノを頼む。
ささやかな贅沢だ。一杯380円。たったこれだけのことなのに今までの生活が何だったんだろうと思った。
ゆとりがまるでない。節約節約でコーヒーは家でインスタントの粉を溶かすだけ。
もっとこだわっていたじゃないか。豆からひいていれていたのはいつのことやら。
誕生日や母の日くらい楽させてくれ。結婚記念日は忘れた。