トラブルのおかげでもう縁が切れたと思った人と話せた。
みんなが見方してくれた。
ちょっと気まずくなった相手と和解できた。
旦那が協力してくれた。
早く寝れた。
今日のいいことを一日の終わりに考えてみた。
今までのマイナス思考から脱却するために。
結局何もできない日々に悶々としていた。
自分から動いたよね、だから明日も楽しい計画がある。
空白だらけのスケジュール帳はさみしいものだった。
もう手帳買わなくていいんじゃないかって思えるほど。
それが、仕事してたときに欲しかった本当の自由ではにことに
とっくの昔に気付いていたのに。

読書も逃げ道の一つでしかなかったのかもしれない。
だけど、純粋で高尚なものを目指すのは私の長所だ。
それでいて自己評価が低すぎるのはなぜだろう?
ものすごいトラウマがあるのだ。

要するにひねくれている。
妬まれるのを異常に恐れている。
自分の本心をさらけ出すのが怖い。
恐怖が恐怖をよび身動きできないことになっていた。

たくさんの人々に協力してもらえたじゃないか。
過去を振り返っても必ず助けてくれる人がいた。
占いでもそういわれた。

それなのに一人で悶々としていたのは自分らしくない。
社会との断絶がこんなにストレスになるなんて思わなかった。
さあ、外に出かけよう。夜でもいいじゃないか。
むしろ嬉しいじゃないか。時間の制約はないんだよ。
家族も協力してくれているよ。

好きな漫画を読むのもいいし、何だってできるよ。
継続して一日も休まず練習し続けてることもある。
もっと自分に素直になろう。

今日はたくさんの人の笑顔を見れた。
会う人全てがいい人とは限らない。
相手の主張も聞いてみないとね。
あの人が人間としてどうとかじゃなくて
何か出来ない理由があるなら聞いてみたいけどそれも無理そう。

無理やりさせるつもりはないけど、そんな空気の中にいたから
自分もそうなってしまったのかもしれない。

だけど、今日は肝っ玉母ちゃんみたいな人と出会って清清しかった。
友達とも一緒だったし好きな仕事もみつけた。
ずっとやりたかったことだし生身の人間と会う機会を増やすのはきっといいことだ。

独りよがりになっていた。
自分ばかり損していると思っていた。
だから友達との連絡も絶ってしまったけど、また復活できた。

たまにはいいよね。自分時間を楽しもう。
人に強制するとか自分が正しいと押し付けるのが苦手だけど
こっそり人の役に立てるのはむしろ嬉しいこと。

生活の中でうもれてしまったら困るよ。
ここで終わるような人生じゃないんだから。
まだまだやりたいことがたくさんある。
しなければならないとプレッシャーを感じていたけど勘違いだった。

自分から進んでしていることだよね。
もっといいことがある。成功とか幸せとか見失っていたような気がする。
自分の直感で生きて後悔しないことだ。

次はカラオケもいいかもしれない。
寝る前にぐっすり眠れるようにおまじない。
不眠症じゃなくなったんだよ。サプリメント飲まなくても寝れたよ。