muri

 

自分は一生働くものだと思って学生時代は資格取得の勉強もしました。両親に国家資格を取るように言われ基本情報技術者試験に合格したのです。 当時はIT産業で働くのが夢で、人手不足の業界だし就職に困らないだろうと、この道に進むことにしました。仕事は好きでした。 若い頃は出張や残業も徹夜も苦にならなかった。今考えればあんなブラック企業でよく働いたと自分でもあきれるくらいがんばった。 やりがい搾取だったよな。何度か転職もしたけどキャリアアップになっていたと思う。お給料も上がったし、出世もした。

仕事一筋ってわけじゃない。恋愛にも趣味にも常に全力を注いだ若かりし頃。ただ自分は周りから見たら空回りしていたと思う。 世の中の人はみんな仕事熱心というわけじゃなかった。生活のために仕方なくしてるとかお金のために嫌だけど働くという人の方が多い。 そんな中で必死に仕事に打ち込む人間は浮く。上司から見ても煙たい存在だっただろう。女子はとくに仕事ができるとかできないじゃなくて 素直に言う事を聞けばいいって考えの人だった。 総合職、専門職といっても実際は結婚して子供ができたら辞めざるを得ないように追い込まれる。マザーハラスメントやマタニティハラスメント なんて言葉はなかったけど昔からそんなことは日常茶飯事だったのだ。確かに周りからみたらいつ休むかわからない人間に仕事を任せられない。 とばっちりがくるのは目に見えてるのに赤ちゃんの成長をゆっくり待っている余裕はないのだ。 納期に追われ精神的に追い込まれるような仕事をしながらの育児は無理でした。そもそもそんなに器用じゃないよな、自分。 一度にひとつのことしかできないよ。 パートで働くことを考えたら、看護士、薬剤師、歯科衛生士といった資格を持っていればよかったと後悔しました。ママ友にもいるけど働きやすそう。 旦那の扶養内で働きたいといえば経営者からみてもいい人材なので就職も決まりやすい。スーパーや飲食店のパートやアルバイトよりは時給も高い。 お昼だけ飲食店で働いていたママ友もいた。お店の忙しい時間と自分がヒマな時間がちょうど合うからいいわけだ。 子供が小学生になると働き出すママが多くなってきました。子供が5歳になると手がかからなくなるけどお金がかかるようになってきます。 子育て支援も制度がくるくる変るのであてになりません。消費税の増税も家計を圧迫してきました。 子供が大きくなったらもっと自分の趣味に没頭できると期待していたのですが現実はなかなか厳しいものがあります。 子育てのイライラ解消法に音楽を聞くとか趣味の時間を持つとかありますが、お金がないことにはやっていけません。 独身時代の貯金を切り崩しながらの生活は不安もつきまとい、思いっきり楽しむことができないのです。定期的な収入はありがたかった。 仕事とやりがいの両立なんてもはや非現実的な夢物語だとあきらめるようになり、子育てを中心に考えるなら仕事はやったとしてもパートくらい。 それはそれでまたつまらないとかヒマだとか贅沢な悩みとなるのです。ママ友といってもだいたい経済的に同じレベルの人の集まりでしかありません。 女性は初対面で相手がどれくらいお金を持っているのか本能的に察するのでしょう。金銭感覚が違いすぎるとおつきあいにも支障をきたすことになります。 仕事をしている時はいつでも映画を見に行ってたけど、今はレディースデイか映画の日だけ。まあ時間はあるので女友達と行くなら当然でしょう。 みんな生活を切り詰めて、子供の教育費を考えて、自分の娯楽は最低限に抑えているようです。 たまには贅沢したいわと言いながら喫茶店でコーヒーを飲むのも躊躇してしまうのが残念でなりません。食費も高くなってきました。 子供が大きくなれば食べる量も増えるので当然ですね。おなかがすいたといってたくさん食べてくれるのは嬉しいものです。 いつもではないけど「おいしい」といってくれるのが一番うれしいことです。日々の食事に気を使いながらも、もともと料理が好きだったのに 義務感いっぱいになると面倒になってきて、それでもインスタント食品やコンビニの食事には抵抗があるので手作りしなきゃと強迫観念にとらわれます。 真面目すぎるのかもしれません。もっと自由に生きてもいいような気がしてきました。好きなことをするのに罪悪感を感じる必要もないし 日中エアコンを入れるのを我慢する必要もありません。そんなことをしたってたいした節約になりません。それどころか精神的に不健康きわまりないのです。 仕事は在宅でできるものをしたことがありますが、一人でパソコンに向かってひたすら入力するというものでした。これがまたうつ病の原因になりそうでもうやめました。 人と全く接する機会がないというのはかえってストレスになるものです。会社で働けば嫌な人と関わらなければならないわけで、だったら今が一番幸せなはずなのに そうでもないのです。テレビを見ても面白くありません。映画を見ても漫画を読んでも何をしてもつまらないのです。もっと打ち込める何かが欲しい。 子育て以外でがんばっていることって何だろう?家事も手を抜かないとなるときりがありません。掃除洗濯、好きじゃないけど汚いのがいやなのでやってます。 インテリアにもっとこだわってみたい。カーテンや家具は自分の好きなもので揃えたい。本も買いたい。図書館の本でもいいけど蔵書が欲しい。 子供の絵本に埋もれて自分の本を置く場所がない。読んでない本もあるのにどうしよう。もっと大きな本棚が必要です。