futan

子供二人の習い事にかかる費用がいっぱいいっぱいです。
ピアノの月謝だけでも結構なものですが楽譜とかコンクール費用
発表会の費用に衣装代と忘れた頃にやってきます。
靴も毎年大きくなるわけですが一年に2・3回しかはかない
余所行きの靴を買うのもなんだかなーと思ってオークションで
見たりしています。オークションはついつい違うものまで見て
しまって結局いらないものを買うことになったり。
競り合って冷静さを失い、勝つことに執念を燃やしたりと本当に
ばかげていると後々後悔するのでした。
ソロバンも小学生のうちに少しでも資格をとってもらいたいと
考えていたのですが、これからの世の中で役に立つとは思えません。
右脳の発達とか計算力の向上にはなるでしょうが。
習い事に関していえば月謝だけでなく交通費もかかるのです。
バスで行くならまだいいのですが送り迎えが必要だと
時間ももったいないということになります。そこまでして
続けてもいつかはやめてしまうんだろうなと思うと空しいものです。
本当に子供が好きでしているなら応援しますが、家で練習しなさいと
小言を言うのにもうんざりしています。自分からすすんでしないなら
正直やめて欲しいのですが、やめてというとやめないというから
やっかいなものです。それだけ頑固なら真面目にしてほしい。
親にとってはストレスになりつつある子供の習い事ですが
やっていて良かったと思うことももちろんあります。
才能があれば伸ばしてあげたい。なくても好きならやっていい。
それには時間とお金が必要だけど。そんなことでケチケチしないで
すむくらい貯金もあるじゃないですか。と同時に自分が大事だから
自分の趣味にもケチケチしないで思いっきり好きなことをして
暮らしたい。ガソリン代も節約しなきゃって思うと楽しくないし。
どこかに出かけるのに交通費がかかるのは当たり前じゃないですか。
バレーやダンスだったらなおさら美容院のお金までかかりますし。
衣装を手作りとなるとできないママにとってはもう地獄のような日々です。
団体競技だと合宿があったりお世話係りが必要だったりとまあ大変。
子供のためにって言うけどそれは建前であって本音はやりたくない。
逃げて逃げて逃げ来る人もたまにはいるけどそれも人間としてどうかと思う。
習い事を通して人間関係を学べるのも一つのメリットではある。
中にはお弁当持参で夜送り迎えをしているママがいて車の中で宿題を
させて夕食のお弁当を食べさせてそれから塾に行くとか。
そこまでするなんてあっぱれ!だけど一度そのママがキレて怒鳴り散らして
いるところを見てドン引きした。それを見ていた受付の人があの人いつも
ああなんですよって別に驚いた様子でもなくこっちを見て教えてくれた。
あと他のママに妬まれるって相談も受けて習い事ひとつでこんなに大変なんて
面倒だとつくづく思ったのでした。
友達と一緒に習い事を始めるのもいいけど、だんだん差が出てくると子供同士でも
自慢したり卑屈になったりでママ同士のケンカの種になったりもするらしい。
つい他人の子と比べて文句を言ってしまったりとかも教育上よろしくない。
それがまた子供の潜在意識へ刷り込まれて悪い意味でトラウマになりせっかく今まで
楽しくしていたことができなくなってしまうこともある。
環境の変化で例えば水泳ができなくなってしまい、何のためにスイミング教室に
通ったのかと残念に思ったら泳げない友達と一緒にいたかったから泳げないふりを
していたらしい。5年生、6年生の女子にはよくあることかもしれない。
勉強でも友達よりずば抜けてできると妬まれるのを心配してわざとテストで間違うとか。
そこまで他人に気を使うのかと驚いたけどこれが中学生になったらどうなるんだろう?