テレビで小学生の時のおこずかいが月20万円だったという芸能人の息子がいた。
はあ~、大人の初任給くらいってのが自分の価値観だったけど
これって常識なのかどうか疑いたくなってきた。
会社員のころは女のくせに月給20万以上なのかといわれたことがあってたいそう驚いた。
それは20年以上も昔の話だけど男女雇用均等法だってあったし
就職活動は売手市場だったからバブル時代であればむしろ安い方じゃないかというのが
正直な感想なのだ。
職業に貴賎なしなんて戯言で、明らかに職業差別はあるじゃないか、格差社会じゃないか。
ところで子供の将来の職業となるとさっぱり分からない。何がいいかなんて自分の仕事も無理。
これから先日本経済がどうなるかなんて誰にも分からない。破産しているのに
何とかごまかしているだけじゃないのか?不確かな国だけど平和なのか安定なのか
そんなことを言っている場合なのか?
自分を信じて奇跡的な復活を遂げた人のように自分も逆転しなきゃね、そろそろ。
ゆらぎの心をリセットして本番に臨む。
そう、スポーツドクターのようにメンタルトレーニングを始めたばかり。
経済についての勉強もまた始めたばかりなのだが子供の素朴な疑問の方が本質をついている。
欲望を解放して自分が望むものは全て手に入れる、そんな心意気が必要だ。
もう実現している過去を振り返っても何もない。メンタルトレーニングは怪しいものばかりだった。
その支出を考えれば洋服やバッグや靴などいくら買ってもかわいいものだ。
ネット中毒になり睡眠不足の日々が健康を蝕む。そこで睡眠時間5時間が標準となっていた。
考えてみれば子育て以前に高校生の頃からそうだったのだ。自分の時間を必要とするのに
就職なんてしている場合じゃないのだ。自由を求めたらその見返りが想像以上に厳しかったが
足を引っ張る人がこんなに身近にいるとは。これこそがドリームキラーなのだ。
せめて自分が自分の子供に対してドリームキラーにならないようにしっかりと客観的に
見れるように訓練したい。子供の金銭感覚は正常なのか?正常って何だ?
競争社会である以上、勝たなければ負ける。負け組みでも生きていけるという思考がいけない。
どこかで飼いならされてる方が楽だという気持ちになっている。おかしい。違う。
復帰してこれですか。いきなり一位というのが実力の証。期待がプレッシャーになるなんて
ただの言い訳にすぎないのだ。もっと難しいほうがやりがいがある。
毎日同じことの繰りかえしで飽きてしまったのだ。だからイライラする。
感情を押し殺してばかりだとうつになっても仕方がない。大好きなことを我慢するな。
時間が過ぎるのを忘れるくらい熱中できることがある。それは今も昔も変わらない。
今を生きるということがどうしてこれほど難しいのか。ただの考えすぎなのだ。
捨ててしまって惜しいものなど何もない。また燃えるゴミが増えただけでなんかの
コレクションにストレス解消を求めても何も解決しないままだ。遣り残したことがある。
不本意に自由を奪われそれは拘束されたも同然だったがやっと解放されたのだ。
そして何よりも強運ということが自信の源ではないか。もう事実なんだから。既成事実だ。
必要なものは全てそろっている。やる気も戻ってきた。気力が出てきた。あの自信が
乗り移ってくるのを感じる。自分の心は自分で決めるのだ。他人に左右されている場合じゃない。
新しいことにチャレンジするのが趣味だった。今もそう。モノ作りが好き。手作りが好き。
それはオリジナルのものに対する自負と憧れだ。コピーじゃ物足りない。みっともないと思う。
ランクを上げてみるも全てと部屋の環境を変えてみる。それだけでもうお金持ちだから。
毎日札束を数えるのが習慣になってきた。これでお金が大好きと言える。
ただの紙切れとか金の代替品とか信用とか今迄考えていなかったけど。お金はそういうモノだ。
大切だし必要だし欲しいもの。その一方で悪いイメージがあるからやっかいだ。
本当に心の底からお金を欲しいと望んでいるかと問われればあやふやになってくる。
生活できるだけでいいなんて謙虚でもなんでもない。ただのワガママで楽したいだけなのだ。
チカラはあるんだから能力があるんだから使わなきゃもったいないだろう。