無駄遣いはいけませんって教育されて育ちました。
そのせいでしょう。
自分のためにお金をつかうことに罪悪感を感じていました。

いつも我慢に我慢をかさねていた結果
ついにはじける時がやってきました。

家族に内緒で自分のためだけにお金を使う喜びを知ってしまったのです。
ネットで怪しいものを買いまくりました。

自己投資という言い訳で何でも買いました。
投資って便利な言葉です。

自分のためにお金を使うって本当に楽しい。

それが、たとえ騙された、詐欺だったとしても。

詐欺の被害にあった人たちは共通して依存体質だった。

ネットコミュニティってある意味リアルな人間関係より
楽しくて、深くて、みんな一緒の思考になりやすい。

教祖のようなグループリーダーがいれば
みんなその人の意見に賛同する。
賛成しまくる。
反対は許されない。
ネットだけの関係なのにヒエラルキーが存在する。

みんな同じ金額を払った仲間?
ただのバカの集まりだった。

甘い口車にのせられて強欲なくせに自分は欲がないなんて言ってみる。
欺瞞に満ちた世界だけど
みんなが応援してくれるから居心地がいい。

毎日がつまらなかったのに
このネットサロンに入ってから毎日がいきいきしてきた。
みんなワクワクして将来へ向かって輝いて見えた。

本名の人、ニックネームの人、いろいろいた。
本名の人は素性がバレバレ。
当然だけど個人情報はネット上にばらまかれた。

社長だと豪語していたその人は
確かに社長だったけど
社長兼従業員で
1人だけの会社の社長だった。

ユーチューバーだと言っていたから見てみたら。
再生回数は一桁。
これでどんな収入があるのか不思議だ。

お金の話で盛り上がる。
人間、所詮お金が大好き。
お金で人は動かされる。

そしてお金儲けの話になりエスカレートして
詐欺のバーゲンセールになってきた。
誰も詐欺だとは気付かない。

貴重な投資案件を紹介してもらったと
感謝感激の絶賛の嵐だった。

みんな、何も考えず、当然疑うこともせず
次々とお金を振り込んでいった。
早い者勝ちのような風潮まであった。

それはみんな教祖が仕組んだことだ。
やはり、出来る人は即断できる。行動も早い。
褒められていい気になって、次々とお金を振り込む。

ちょっとググれば、すぐに詐欺だと分かるような
ありふれた詐欺だった。

巧妙に仕組まれたというほどのことでもない。
それでも人はひっかかる。
面白いようにひっかかる。

教祖という人も実はたいしたことないな。
これくらいなら私にもできると思ったほどだ。
良心が邪魔をして結局はできなかったけど。

お金をもうけるためにはキレイごとなんていってる場合ではないと
身をもって知った。

搾取する方と搾取される方がいるなら
自分は搾取する側になってやるって
マンガでも言ってたよね。

取るか取られるかって世界だ。

なぜ、こうも簡単に人は騙されるのか?
信用していたからね。
長い年月をかけて、この人なら信用できるって信じていた。

甘かった。
全て計算されていた。
それらは全て最初から人を騙してお金をまきあげるための仕組みだった。
調子にのって未知の世界で知ったかぶりをして足元をすくわれたのだ。

誰だって自分がバカで騙されただなんて思いたくない。
だから絶対に疑わない。
この人の言うことなら大丈夫って無理やり信じさせる。

集団の力もはたらくから余計やっかいだ。
自分ひとりでは手に負えない規模の詐欺になってきた。
みんなでやれば怖くないのか?

真面目な人ほど騙されやすい。
教祖の言うとおり指示通り動いている。
命令に従うのがそんなに楽しいのか?
仮にも自己啓発プログラムなんだから自分の頭で考えたらどうなんだ?

脳がどうにかなってしまったようだ。
やっかいなことに、全てが詐欺ではないのだ。
まともな話も多い。
いや、ほとんどは一般的にもOKな話でしかも感動モノだったりする。

だけど、実際に儲けているのは一人だけで
あとの人は、みんなその人のカモなんだ。
変わらなきゃいけない、なんて思うから騙される。
変わる必要なんかない。現に変わってないし。

コミットメントすれば、それでよし。
自分だけで完結してしまうことだったのに
なんでこんな怪しいサロンに入ってしまったのだろう?

精神的に不安定だったのか
冒険してみたかったのか
お金を無駄遣いしてみたかったのか

いつまでたってもモラトリアム
かれこれ三年くらいモラトリアム
もういいかげんにしておくれ