今年からPTAの役員決めが厳しくなりました。子供一人につき必ず2回はするという規則がPTA会則として正式に決定したのです。
執行部というのはとにかく誰かに仕事をさせようということだけを考えているように思えてなりません。考えてみれば理事は
一番仕事が多く、自分だけこんなにさせられるのは許せないという気持ちが強いのでしょう。一度も役を引き受けない人は
皆に責められて当然ということです。厳しくしすぎてポイント制にするのも一つの方法ではありますが、すっかりやる気をなくして
しまう人も多いようです。もっと自由に楽しく活動できるはずなのですが何でも強制にしてしまうと最初からやりたくなくなって
しまうものです。なんとなく人に押し付けようという人もいますが、そこで係りをしなかったからといって当たりなのか外れなのか
一概には言えません。結婚と同じで失敗も成功もないといったところでしょうか。あえていえば、たとえくじ引きで当たって大役が
回ってきたとしても協力してくれる人を確保しておくことが本来の成功ではないのか?何もしないという態度を貫き通して皆に
吊るし上げられるといった事例もありましたが、大抵の人はそこまでいくまでもなく自分から何か引き受けるものなのです。
PTAで吊るし上げられるという言葉を聞いたときには本当に嫌な学校に入ったものだと残念に思いました。夜遅くまで子供を家に
おいたままPTA新聞を作る必要がどこにあるのか?つまらないアンケートをとって集計してプリントして配ってなんてバカバカしくて
つきあってられません。そんな仕事にやりがいを持っている人もいるので驚きです。仕事内容よりもメンバー重視。一緒にいて
気持ちのいい人と付き合いたい。そんな人も少数ではありますが確実に存在するのです。大多数はポイント消化に溺れて早めに
しておいたほうが楽だとか得だとか言ってますが、そんな考え自体もう洗脳されているとしか言いようがありません。
PTAが恐ろしい、新学期の係り決めの度に胃が痛くなるなんてこれまた残念でしょうがありません。稀に自分から会長になりたいと
立候補する人もいますが、これがまたワンマンだったり変な人だったりしても文句が言えないのが現状です。こんなことばかり
繰り返していて何になるのか、自分も目指していた仕事とあまりにもかけ離れてしまって一歩も前に進めないのです。脳の状態を
何とかしてリセットしなければなりません。あせる気持ちばかりで夜眠れなくなり自分の感情をもてあましているのです。
やりたいことをやる時間はたっぷりあるのに何も手がつかないとこれではいけないと思い直しました。先ずは早寝早起きからです。
どうしても夜中まで起きてしまう生活が続き、このダラダラ感が全てを狂わせているようです。自分の好きな仕事に向かって
つっぱしっていたあの頃。ただサラリーマンしか目指していなかったのがもう既に洗脳された結果だったのです。学校も先生も
個人的に信用できる人であれば何でも引き受けようと思いますが、トンデモ校長の時はもう何もしたくなかったのでやりませんでした。
たまに友達としゃべるのも楽しいのですが最近ではそんな機会も減ってきてしまいました。ただママ友ランチさえも面倒になってきて
これからどうしていいのか分かりません。連絡しなくなると誘いにくくなるものですね。ただ人間関係だけは大切にしていきたいと思います。
結局は子供がいじめにあったり碌な事にならない。ろくでなしの子供はやっぱりねと言われるだけで誰も助けてくれない。
スペックでも全て勝ち組だしいつまでも根に持ってもしょうがないんじゃないのかなあ。一日中嫌な気持ちでいっぱいになっても
相手にはなんともないわけで夜もさっさと寝るに限ります。