pta2

小学校入学前から
「ウチのPTAは厳しい、厳しすぎる、地域でも一番厳しい」
と脅されていたせいか、
実際に役員を経験してみたら
「それほどでもないんじゃないの?」
「むしろ楽しいっ!」
ってお気楽に構えてました。

PTAは本当に楽しいのか?

役員といってもピンからキリまであるわけで・・・
そう、私が担当したのはピンなのかキリなのか分かりませんが
単に楽な仕事に当たっただけでした。

クラスの役員になると全校の役員が集まって
その中から学校全体の部長、副部長、書記を選びます。
立候補する人はほとんどいません。
くじ引きで全てが決定されます。

くじ引きの日に参加できない人は委任状を提出することになっていますが
無断欠席の人もいたりして
くじ引きすらできない状況もあります。

教室の雰囲気は最悪ですね。
皆、忙しい中、仕事を休んでまで
このくじ引きに賭けているわけです。

くじで三役を当てなければ役員をしましたって
ポイントが稼げるし、仕事もまあ楽です。

ここで三役になった人たちがどんな人かってことも
重要なポイントです。
特に部長さんが
「できませんっ!!」
って泣き出すとか、顔面蒼白で挨拶もできないとか
そんな伝説もあったりします。

「立候補するほどやる気はないけど、
くじに当たったからにはやりますっ!」

って人はもう神様に見えました。
このお方のおかげで、その他大勢は安泰なのです。

人身御供にならずにすんだとばかり
その他大勢の喜びようといったらハンパないです。
容赦ないですね。

まだ小さいお子さんがいる人や
赤ちゃんを連れの人が部長になった場合、
(または転入してきたばかりのママ)

「私がかわりにしますっ!!」
って自ら名乗り出れるお母さんは本当にかっこいい。

でも、誰も代わってあげる人がいなくて
妊婦さんやどう考えても無理そうな人に
押し付けてしまうってパターンも実際にあった話。

部長になれば一年間棒に振る
なーんて言われていますし
入院した人もいたそうです。

そんな中で、1年終わって最後のアンケートに
役員はやってみたら意外と楽しかった
自分も成長できてためになった
みんなに協力してもらってありがとう
なんて教科書みたいな答えが多くて驚いた。

ホンネはもう二度とやりたくない

こんなに働いたんだからもういいだろう。
やってない人やれよ。
一度も役員をしてない人なんて許せない。
と、だんだん過激な意見が多くなってくる。

実際、誰が何回役員をしたか調べる人がいるから。
どうやって調べるのか?
何年も役員名簿を保管していて手作業で集計?
苗字変ってる人もいるんだけど分かるの?
子供一人につき何回って分かるの?
自己申告は信用できないんだよね?
そんなの調べる労力って無駄じゃない?
調べたところでやらない人はやらないよ。
そもそもPTAに出てこないし。

友達同士で同じ係りをして楽しかったってのもある。
仲良しグループの延長みたいなかんじ。
たいした仕事をしていないから楽しかっただけ。

いろんな人に知り合えた。
役員をしてみたら同じクラスの人がたくさんいたし
より深くお付き合いできた。
人間関係が広がるのは有意義。
近所に誰が住んでるか知らないのは不安。
子供がいつどこで誰にお世話になるか分からない。
仕事をしていて忙しい、家にいない。
だったら、なお更ご近所付き合いはしておいた方が自分のため。

無理やりポジティブに考えようとしても
一人わがまま自己チューな人がいただけで
引き受けるんじゃなかったと激しく後悔してしまう。

役員をしない人を皆で攻撃するというのも恐ろしい。
しなくていい仕事はやらなくていいよね?
だけど公立小学校だとそうもいかない。
訳のわからない会合に出席しなきゃいけないって何?
やたら公民館に行って公演を聴いてこいって何?
それって役に立つの?必要なの?
くじ引きで当たったら仕事休んで行かなきゃいけない。

昼間に集まるなんてムリ。
だからといって夜、仕事が終わってから夕飯の時刻に
みんなで集まれって意味あるの?
子供を家において留守番させて。まだ低学年だと困る。
無料奉仕活動を強いられるのが納得できない。

自らすすんで役員を引き受ける人も
さっさとノルマをすませて後はやりませんよって考え。
ちょっと違うかな。
低学年の方が楽だから、1年生のうちにすませてしまえと
ジャンケンで勝った人がなるんだって。
よく分からん。

そんなにやりたきゃ毎年やればって思うけど
そんな人はいない。
私はもう2回しましたからって絶対ゆずらない。
新学期が憂鬱で仕方がない。
そんなクラスに毎日子供を送り出すのかと思うとイヤになる。

自分ができることって何だろう?
委員長でも何でもいいと思う。
マイルールでそのとき次第、深く考えてもしょうがない。
ただの噂にふりまわされてバカをみた。
もっとも意味のあることをしたい。
自然体であくまでも気が向いただけで行動している。
いろんな人と出会えて仲良くなれて気軽に声もかけあえて
楽しいPTAであるのが嬉しい。